RSS | ATOM | SEARCH
天草四郎がハリウッドで甦る!
地元がらみとしては元気が出る話題かもしれませんね!

天草四郎ハリウッドで甦る…「IX:Destiny’s Warrior」


 島原の乱を16歳で指導した天草四郎を主人公にした異色のハリウッド映画が製作されることが21日、分かった。題名は「IX:Destiny’s Warrior」で、日本に漂流した英武器商人の目線から天草の活躍を3部作として描く。英商人役、その恋人役には大物ハリウッド俳優にオファー中。天草役はオーディションで選ぶという。製作費は66億円。全編英語劇で、世界マーケットを狙う。

 企画したのは日活女優時代、「筑波久子」の名前で活躍し、現在ハリウッドでプロデューサーをしているチャコ・ヴァン・リューウェンさん(70)。「ピラニア」(78年)をヒットさせ、「殺人魚フライングキラー」(81年)ではジェームズ・キャメロン監督を初めて劇映画の監督に抜てきした人物だ。

 7年前から企画を立ち上げ、「バットマン」「300 スリーハンドレッド」のマーク・キャントンプロデューサーと準備を進めている。

 題名の「IX」とはクリスチャンを指す記号。江戸時代初期、日本に流れ着いた英武器商人の目線から聡(そう)明で伝説的な美少年、天草四郎の活躍を描く。天草は盲目の女性を目に見えるようにしたり、海の上を歩いたなど数多くの伝説が残っている。クライマックスは農民を率いて、幕府軍と戦った1637〜38年の島原の乱になる。

 製作陣は世界マーケットをターゲットにしており、全編英語劇。武器商人役、彼と恋に落ちるヒロイン役には大物ハリウッド俳優と交渉を進めているという。スタッフには「スター・ウォーズ」などで知られるSFXの第一人者フィル・ティペット氏が決まっており、SFXもふんだんに使われそうだ。

 クリスチャンでもあるリューウェンさんは「15年前に、同じくらいの年(18歳)の息子を亡くしており、天草四郎への思いも強い。命は勝っても負けても永遠だということを伝えたい。アドベンチャー、アクション、スーパーナチュラル(超常現象)ありの面白い作品になる」と自信を見せている。

 早ければ、年明けにもハリウッドの主要キャストを決め、来秋、クランクイン予定。09年以降の世界公開を目指す。

2007年12月22日06時00分 スポーツ報知

author:天草元気プロジェクト, category:天草の話題, 14:09
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://staff.amakusa-pj.com/trackback/1048990